安さと手軽さが魅力!レンタルオフィスで事務所開き

賃貸オフィスは初期費用の負担が大変

企業などが新規にオフィスを構えようとする場合、多額の初期費用が必要になります。

一般的な賃貸オフィスの保証料は家賃の6か月分程度であり、人気のエリアだと12か月分以上というケースもあります。

さらに、通常の物件はスケルトン渡しといって内装が何もない状態で引き渡されるため、工事費用が別途かかります。もちろん、仕事に必要な机や椅子、ロッカーなども揃える必要があります。

ところが、最近の物件の中にはこうした費用をこれまでの水準より大幅に節約できるタイプのものがあります。それがレンタルオフィスです。

保証金が格安で工事費用も不要

レンタルオフィスは、一般的な賃貸オフィスと大きく異なる点が2つあります。

1つは、保証金が低廉なことです。レンタルオフィスの利用に必要な保証金の額は平均すると家賃の1~2か月分程度で、中には会員制を採用し、入会金を支払えば保証金は支払不要というところもあります。

もう1つは、内装やオフィス家具があらかじめ完備している物件が多いということです。電話やインターネットなども改めて開設工事を行うことなく、そのまま利用できます。

こうしたことから、レンタルオフィスは通常のオフィスに比べて初期費用が安くて済むのです。

ネットで検索し即手続きも可能

また、レンタルオフィスは運営者が直接テナントを募集しているところが多いという特徴も持っています。そのため、不動産仲介手数料もしばしば不要となります。

多くの運営者は、インターネット上のホームページで入居申込を受け付けています。希望のエリアや家賃等の諸条件に基づいて物件を検索し、ホテルを予約するような手軽さでオフィス探しができます。契約を済ませたら身の回り品だけを持って入居し、その日から仕事が始められます。

トイレなどの設備にこだわっているのが、女性社員が多い企業に適した福岡の賃貸事務所の特徴です。最新の物件情報に注目すると、お洒落な貸事務所もスムーズに探せます。

You may also like...