他社が自社商品を売ってくれる?売上や知名度アップが可能!!

自社商品の販売代行をしてもらう

どんどん商品を販売したいときの方法として、まずは営業社員を増やそうとするでしょう。しかし社員を増やすとそれだけ人件費が増えるため、成長し続ければ問題ありませんが業績が下がると経営を圧迫する可能性があります。会社の規模がそれほど大きくないなら急に営業社員を増やすのは良くないかもしれません。そこで営業代行としてビジネスパートナー契約を結んでくれる会社を探してみましょう。ビジネスパートナーは自社の営業担当者に代わって販売を代行してくれ、実際に契約が取れたら顧客を渡してくれます。ビジネスパートナー契約は様々ですが、特別価格で仕入れる方法や販売ごとに一定の手数料を払う方法が多くなります。成果に基づいてコストが発生する契約をしておくと良いでしょう。

大手会社の営業ネットワークで販売

中小企業だと大手企業に比べると営業ネットワークが小さく、営業活動の規模も小さくなるでしょう。関東地方しか販売できなかったり、全国対応していてもそれぞれの地域に数名しか担当者を置けない等の問題があります。一方で大企業だと全国に一定の担当者を配置しているので、多くの顧客への対応が可能になります。そこで大手企業とビジネスパートナー契約を結んで自社商品を販売してもらうと良いでしょう。自社内の営業ネットワークに加えてビジネスパートナーが持つ営業ネットワークでも販売ができるので、売上向上が期待できますし商品の知名度アップにつながるときもあります。大手が相手だと厳しい条件になるときもありますが、メリットは大きくなるでしょう。

営業代行とは代わりに営業をしてもらうことをいいます。例えば自社で売りたいものを契約を結んで、販売代理店などで扱ってもらうことも含まれます。

You may also like...