社内報の意外な効果!決して軽視することができない理由

円滑なコミュニケーションツール

社内のコミュニケーションの重要性が問われる時代を向かえました。上司や部下などと役職や勤続年数などにこだわることなく、分け隔てなく関わり合うことができる組織が理想的といえるのではないでしょうか。社内の円滑なコミュニケーションを図る上でも重要視されているのが社内報です。現代社会でも社内報は紙ベースで作成される場合が多く、社員にとってはホッと一息つける内容となっています。社員の紹介はもとより、休日の過ごし方や趣味、家族とのふれあいなどとコミュニケーションのきっかけとなるような内容に溢れているのです。全国展開しているような企業では、他のエリアの状況を伺い知ることもできるでしょう。多少の経費がかかるにしても有効なコミュニケーションツールです。

堅苦しさがないから嬉しい!社内SNSへの期待感

社内SNSを活用する企業も見られるようになってきました。こちらも社内メールとは異なり、上下関係を問うことなく気軽にやり取りできることが特徴です。言葉遣いもフランクでオッケーとされ、堅苦しい敬語も不要。もちろん、誹謗中傷や悪口、嫌がらせなどを書き込むことはご法度ですが、情報共有や進捗度合などを確かめるにも使える手段として広がりを見せています。季節の挨拶や締めの言葉、起承転結の文章なども必要なく、思いついたままで良いのが特徴です。このような社内SNSがあることで、上下関係を押しつけるパワハラや企業内いじめが回避できるというプラスの影響も期待できます。新しい職場のコミュニケーションツールとして注目を集めます。

社内報とは社内情報を伝えるために制作された媒体です。紙が主流ですが、映像やウェブサイトなどもあります。社内コミュニケーションのきっかけ作りにもなっています。

You may also like...