倉庫で働くとこんなことが学べる!クレームゼロを目指そう!

学校では学べない現場作業

勉強は、中学校や高校、大学や大学院など授業で学ぶというイメージが強いと思いますが、いざ社会に出てみると学校の勉強が通用しないことを痛感します。職場で学ぶことはたくさんあり、今回は色々な職場の中から倉庫現場の作業にスポットを当て、倉庫では一体どのようなことが学べるかを見ていきましょう。倉庫で行われている作業としては、まずピッキングが挙げられます。注文に合わせて倉庫内で管理されている商品をピックアップしていく仕事はどこの倉庫も同じです。

間違いを起こさないために…

テーブルの上にひとつだけ置かれた商品をピッキングするなら間違いなど起こりません。しかし、実際倉庫の棚には一つどころか何十種類もの商品が保管されています。つまり、注文カードを見て商品を抜き出す時に、間違いが起こる可能性が十分あるということです。いくら気をつけて確認したとしても、所詮人の目だけでは誤出庫は防げません。このようなミスを防ぐために、ハンディターミナルといった機械を導入している倉庫が増えてきています。倉庫作業では人為ミスをなくすために、どのような対策を取れば良いのかということを学べます。

機械を使って検品する!

人には思い込みもあるし、感情の起伏によって集中力も変わります。ピッキング作業に端末機器を使用すれば、簡単なミスをなくすことができます。システム化された倉庫では、商品と注文カードに付けられたバーコードをハンディターミナルで読み取りますから、間違いが起きにくいのです。注文した商品とは全く別のものが届いた…なんていうことになったら信用を失います。倉庫ではクレームゼロを目指し、お客から信頼されるような品質を提供していかなければなりません。

接客なしの仕事のひとつに物流業があげられます。働いてる年齢層が幅広いことも特徴です。モクモクと業務をこなすことが求められます。

You may also like...