停電知らず?太陽光発電で便利な暮らしを楽しもう!

住宅に太陽光発電を導入するメリット

太陽光発電は日光によって発電する設備です。既存の発電設備と異なり、設備を小規模にまとめることが出来るので住宅の敷地内に置くことが出来ます。また、発電用のソーラーパネルを住宅やビルに直結させることで送電線を敷く手間が省けます。そのため、山地や離島での発電が可能です。

住宅に置く小規模な太陽光発電設備は日照率や発電効率によってはひと世帯分の消費電力を賄うことが出来ます。ソーラーパネルで作られた電気はそのまま使えるので、自然災害などで停電が起きても家電製品の機能は停止しません。太陽光発電は二酸化炭素や放射性物質の排出が無い他、設備の規模が小さくても使用に耐えうるだけの発電量を得ることが出来ます。非常時でも平時と同様の暮らしを維持出来ることから、住宅を中心に小規模な設備の導入件数は増加しています。

日光による発電の問題点と設備維持に重要な心得

太陽光発電は自然環境に悪影響もたらす有害物質を排出しないクリーンな設備として人気があり、設備の小型化が可能なことから住宅やビルに設置される割合が増加しています。新しい形の発電方法として注目されていますが、その反面、従来の設備と比べて発電量の安定化が難しいのが欠点です。太陽光発電はソーラーパネルに十分な量の日光を当てる必要があります。発電量は天候に左右される他、ソーラーパネルが劣化すると発電効率が大きく下がってしまいます。設備の劣化は発電効率の大幅な低下に繋がるので、定期的に設備のメンテナンスと不具合が起きた部品を交換することが大切です。太陽光発電設備のメンテナンスを正しく行える優良な業者に設置や修理を依頼するのがクリーンな発電を保つことに繋がります。

太陽光発電の価格は、海外のメーカーが国内のメーカーより割安になってきています。一般的には、3kw~5kwで150万円~200万円が相場となり、自分に合った商品を提供するメーカーを選ぶのが大切です。

You may also like...