収入額が無くても白色申告した方が望ましいケースとは!

扶養で親が払う健康保険料がダウンする場合があります

白色申告と言いますのは、給料の他に収入がありましたサラリーマンや収入額を雑所得の状態で対応するフリーランスなどが実行するものになります。要するに、それなりの収入額があった方達が行いますが、実際の所全く収入がない方も白色申告を行なった方が良いこともあり得ます。まず第一に、扶養という立場で健康保険に入っている場合です。 こうした場合、親が払う保険料につきましては、子にどれほどの収入額があったかで異なることになります。言うまでも無く、子が無収入ならば保険料はその割合に応じダウンするわけですが、仮に、白色申告しないでいた場合、仮の形で収入額があったとされ、その分だけ、保険料が高くなります。したがって、市役所より申告用紙が送られてきた場合、できるだけ早期に申告書を出すことが重要になります。申告そのものが煩わしいというケースでは、無収入の方に向けての簡略スタイルの申告書を利用すれば容易にできます。

国等から給付金を受ける場合

さらに、国等からそれなりの給付金を受けるケースです。ひとつの例として、臨時福祉給付金に関しては税金が不要の方を対象に国より受け取れるお金ですが、白色申告を行っていないケースでは、収入がないのか、あるいは収入額があるにもかかわらず申告を行っていないのかという判定ができないため、給付金がでないことも想定されます。収入無しの場合、給付金は相当大きい存在であるので、絶対手に入れるためにも申告することが重要になります。 収入無しで、申告書は不要の為捨てた場合、税務署に足を運べば申告書をもらうことが可能です。申告期限は取りあえず3月31日になっていますが、それを経過しても申告はできます。

白色申告とは、個人で行う確定申告の事を指します。法人や個人事業主が行う確定申告用紙が青いのに対し、個人で行う医療費控除の申請などの用紙が白い事に由来するそうです。

You may also like...