社員研修はメニューを決めることが肝になります

メニューを作るには慎重に検討することが大事です

社員研修は、会社にとって非常に大事なことです。しかし、ただ単純にやったというだけでは意味がありません。何を得たかということが大事になってきます。それを得るためには、しっかりとしたメニューをを組み立てることが大事になってきます。メニューを考える時に何をメインに考えるかということが重要です。マナーに関する研修であれば、単純に講義形式で、講師が順番にテキストを読み上げるだけでなく、実技形式の体験も含めてみるなどを考えて、できるだけ実体験を含めたメニューを考えることで、単純に研修の時だけでなく、実際の場面でも利用できる事にもなります。そういうことをしっかりと考えることが大事になってきます。講師は自前でも、契約してもいいですが、はっきり聞き取りやすい講義を行う人が理想です。

実践的でありながら、理論も学べる研修が一番です

社員研修はしっかりと身につけていくということが大事になってきます。そのためには、講義だけでなく、実技を交えてメニューを考えるということが大事であるということは先ほどいいました。しかし、それだけでは、不十分であるといえます。そのほかに何を考慮する必要があるのかというと、それは、しっかりと自分で身につけていくということです。どういうことかというと、ワークなどを研修の中に適度に挟んでいくことで、講師から教わったことをその場で確認することができます。それは、非常に重要です。長すぎてもいけないし、短すぎてもいけません。適度な時間というのが大事になってきます。メニューを考える時には、そのようなことも考慮にいれながら、受講者が飽きないような工夫をすることが大事です。

社員研修には、電話応対や名刺交換といった社会人としての基本的なマナーを学ぶ研修や、取引先や顧客とのコミュニケーション能力を高める研修などがあります。

You may also like...