物置だけではない店舗としての利用価値のある巨大倉庫

昔から工業関係で欠かせない倉庫

経済は材料を用意して製造しそれを完成させて流通させることで成り立ちますが、その過程のいずれかでも必ず必要になるのが大量に仕入れたものを一時の間保管する場所です。その一時の間保管する場所として施設内に作るのが倉庫であり、倉庫は保存を目的に木造もしくはアルミを基本に建物を設計し内部に空気清浄及び冷暖房設備を完備して物置として活用する場所です。物の管理は静電気やほこりそして温度変化が重要になるので、一つの建物に重点的に完備すればほかの施設を圧迫することがないので工業製品を作るのにかかせない場所といえます。

倉庫は工業から店舗活用へ

倉庫の活用はこれまで工業関係で使われることが多かったのですが、現在では使い古された倉庫を活用して店舗を開くことで商売をする活用法が増えています。先に言ったとおりに物を保存するために設計されたものは、商品を作り店頭に並ぶ際にも品質への影響が少ないメリットがあります。さらに倉庫は大量の物置として活用するためのスペースなので、その内部は広大に作られているのが当たり前です。そのため通常のお店では繁盛した際に店舗拡張しなければならないですが、倉庫であればもともと広大なので店舗拡張をする必要はないのです。さらに施設内に製造するための装備を整えておけば、店頭に並ぶための距離を考えなくて済むので出来立ての新品をお届けすることが可能になります。これらの利点から、使い古された倉庫だけでなく最初から倉庫を建築してその中にお店を開くということも増えつつあります。

3PLとは、競合他社より一歩リードしている企業が、物流機能の全体や一部を他の企業へ委託する業務形態です。

You may also like...